最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    デリヘルbonushigh熊谷

    しかし、法の網をくぐったり、不法な形でポルノはかなり出まわっていて青少年への影群を心配する声が間まっていました。委員会の結論は、部分的に引用することになりますが次のような内容でした。熊谷好きにとって「ポルノグラフィーは、男女にかなりの性的興奮をひきおこす。しかし性に対する考え方や好みが違うので個人差がある」「男向けに作られた熟女ヌードには熟女はあまり興稚しないが異性間性交には男女とも同じように典恋する」「性的興燕は四十八時間以内に消失する」「未成年と成人とを問わず、性犯罪とポルノとの因果関係を裏づけることはできない。しかし、因果関係を否定することもできない」別のところでは「得られるデータに基づく限り、ポルノが性犯罪の原因だと結論することはできない」といっています。熊谷 デリヘルのこれ以後アメリカでは大肌な性描写が解禁になり、R本でも「ポルノを解禁せよ!」という声が一段と高まったものでした。アメリカに先がけてポルノを解禁していたスウェーデンやデンマークを一九七四(昭和四十九)年に訪れたことがありますが、これら北欧の国々では若ものの性非行、性犯罪は激減しているというデータを示されたものでした。さて皆さんは、これらをどのように受け止められますか。にわかには信じ難い、という方も多いと思います。しかし、私は信じています。三十年も前の、しかもアメリカやヨーロッパの話ではありますが、日本の少年たちにも当てはまるように思うのです。性非行や性犯罪は、ポルノを見ただけでは起こりません。家庭的なさびしさや劣等感、日々の目標や生きる目的が不明確なこと、よい友人に恵まれないこと、暴力的環境、など他の要因が重なったところでポルノに出会うと非行や犯罪につながるのではないでしょうか。

    カテゴリー
    お気に入り